ゆるまる治療院は痛みを改善するだけでなく、人間本来の動きを取り戻し快適な状態に導く施術をしています。

治療理念

triangleゆるまる治療院・院長の坂口典達です。
古武術の修行をきっかけに治療の世界に足を踏み入れ20年が経ちました。この20年間、様々な症状、痛みを改善するお手伝いをさせていただきながら気付いたことがあります。

それは
「痛みがない=健康」ではない
ということです。

治療ではなく、身体調整と考え
「究極の身体=健康」
とゴールを設定すると
痛みがない状態は、最初の通過点
でしかありません。

身体のクセからか改善し、ゆがみや筋肉の硬さ、神経系の問題まで変化すると
痛み・シビレは確実に(99.5%)改善します。(図1参照)
施術を受けた方々が喜んでくださる瞬間は私共にとって本当にやりがいを感じる瞬間でもあります。
soccer_150
お客さんの中には更年期からの不調に悩む奥様とご夫婦で通われえいる方も多いです。サッカーでで両足を捻挫したお子さんが劇的に良くなったということで噂になり、所属するサッカークラブで一気に広まったこともあります。一方で、なかなか改善されない体の不調で、様々な治療院を渡り歩いて、当院でようやく改善したとおっしゃた方もいらっしゃいます。

しかし私達は痛みや体の不調をきっかけに来院された方たちに、もう一歩
「こんな動きが自分にもできるんだ!!」
という驚きと感動を届けたいと思っているのです。

大学教授からご推薦いただきました。 伊藤繁名誉教授(名古屋大学)

professor_Itou_220

 私は12年前に右足首を捻挫した後、曲がらなくなり、正座が出来なくなりました。

2年前には痛みが酷くなり、階段の昇降が辛くなりました。老化のせいで仕方ないと思っていました。

しかし娘に誘われ「ゆるまる」で治療受けたところ、初回の施術で足首が動くようになりました。

ゆるまるでの治療とホームケアで、まだまだ身体の色々な機能が良くなるとわかりました。

自分の体について、一緒に考えてくれるコーチが見つかった感じです。家族ともども、お世話になっています。

 

 


 

現在は私と副院長の二人で施術を行っていますが、今後はスタッフを育成しながらこの施術法を広めていき
「一人でも多くの方に究極の身体を体感して頂きたい」
この思いを持って私達は技術を磨き続けています。

staff_204

ゆるまる治療院の歴史や施術法がインタビュー形式で書かれた記事(PDF)が下記ボタンよりダウンロードできます。

footer_front_1