大学病院の先生からご推薦

professor_Takegami

兵庫医科大学臨床研究支援センター 武上良治助教授

私は坂口先生と11年来の付き合いであり、同じ師から武術を学んでいる旧知の仲です。
坂口先生の「達人調整」を受けて感じたのは、坂口先生の身体が相当に開発されていることです。施術において、滑らかに澱みなくブレない動きが印象的で手や足の重心を的確に掴むので心地良く身を委ねることが出来ます。力任せではなく自分の質量(体重)を使っているので乱暴な印象を受けません。また施術で特別に痛みを覚えることもありません。優しく自然に被術者へ触れられるので、身構えることなくリラックスすることができます。

疲労や老化、緊張、それに不自然な姿勢や動作によって筋肉への血行やリンパ管の流れも悪くなり、筋肉が張ります。さらにひどくなると凝りの不快感のみならず痛みまで感じるようになります。これが凝りの病態整理です。それに対して、筋肉がゆるむこと(=リラックスすること)によって血行は改善し老廃物も代謝されて、身体の凝りや痛みが改善します。ゆるまる治療院ではこういったメカニズムが理論体系となっており、分かりやすく説明して頂けます。しかし、このような問題が生じやすいようなご高齢の方や身体の不調のある方にだけ役立つのではありません。より快適な身体になりたい方やスポーツやピアノ、ダンスなどでパフォーマンスを伸ばしたい方にもお勧めできます。さらには、自分自身の力でもっと身体の状態を良くしたい方にはリラックスに取り組む方法を紹介して頂けます。

坂口先生は非常に温厚で紳士的な方なので、一対一で施術を受けることにも抵抗感がありません。治療院というと、「殺風景な部屋から無愛想なオジサンが出てきてバキッ、ゴキッと痛い目に遭う」というようなイメージをお持ちの方もおられるとは思います。しかし行ってみればそういったイメージが一変しますよ。私は快適に「ゆるまる」方が増えられることを願っております。

footer_front_1